Lishiロックピックを使ってMIT8イグニッションロックをピックしてデコードする

MIT8ロックは、三菱モデルで広く使用されており、三菱車両を扱う場合に遭遇する一般的なロックです。

このガイドでは、三菱L200からのMIT8イグニッションのピックとデコードに焦点を当てます。

MIT8-key-1

キーの情報:

MIT8キーは、標準の4つのキーカットの高さを使用して8スペース/キーカットのエッジスタイルです。

 

キーはInstaCodeキーカード番号2でカットされ、シリーズでカットされます。

 

– E5001-E7700

– H5001-H7000

– T5001-T7000

– Z7000-Z7200

 

キーの両側が切断され、両側がウェーハと相互作用します。奇数の位置はキーの片側と相互作用し、反対側の位置と相互作用します。

 

MIT8キーを読み取る:

MIT8キーには8つのキーカットがあります。1から4までの番号が付けられた4つのキーの高さのみを使用し、1が最高のカット、4が最低のカットです。

MIT8-key-2

ご覧のとおり、上記のキーは「22332212」と表示されます。

 

Lishi MIT8 2in1自動ロックピックMIT8イグニッションロックをピック:

MIT8イグニッションロックのピックは簡単なプロセスです。リフトアームをグリッドの中心に置き、ツールをロックに完全に挿入する必要があります。ウェーハとスプリングが位置1と8の両方で感じられるようにすることで、完全に挿入されていることを確認できます。

完全に挿入したら、テンションハンドルに開く方向に中程度の張力で適用する必要があります。

張力をかけた後、各ウェーハの位置を順番にナビゲートし、各ウェーハの位置を穏やかに感じて、動きがあるかどうか、またはしっかりと結合しているかどうかを確認します。ウェーハに動きがある場合は、そのままにしておきます。結合している場合は、再び移動するまでピックする必要があります。固体の結合ウェーハのみをピックします。すべての固い結合ウェーハがピックされると、ロックが開きます。

 

したがって、ツールを完全に挿入し、テンションアームに軽い張力から中程度の張力をかけて、ピッキングを開始する準備が整いました。

MIT8-Ignition-lock-pick-1

位置2は最初にバインドしてピックします。

lishi-MIT8-Ignition-lock-pick-2

位置5は次のバインドしてピックする位置です。

lishi-MIT8-Ignition-lock-pick-3

位置1は次のバインドしてピックする位置です。

lishi-MIT8-Ignition-lock-pick-4

位置3は次のバインドしてピックする位置です。

lishi-MIT8-Ignition-lock-pick-5

位置6が次にバインドしてピックします。

lishi-MIT8-Ignition-lock-pick-6

位置8は次のバインドしてピックする位置です。

lishi-MIT8-Ignition-lock-pick-7

位置4は次のバインドしてピックする位置です。

lishi-MIT8-Ignition-lock-pick-8

位置7は次のバインドしてピックする位置です。

 

Lishi MIT8 2in1MIT8イグニッションロックをデコード:

lishi-MIT8-Ignition-lock-decode-1

位置1は番号2のキーカットとしてデコードします。

lishi-MIT8-Ignition-lock-decode-2

位置2は番号2のキーカットとしてデコードします。

lishi-MIT8-Ignition-lock-decode-3

位置3は番号3のキーカットとしてデコードされます。

lishi-MIT8-Ignition-lock-decode-4

位置4は番号3のキーカットとしてデコードされます。

lishi-MIT8-Ignition-lock-decode-5

位置5は番号2のキーカットとしてデコードします。

lishi-MIT8-Ignition-lock-decode-6

位置6は番号2のキーカットとしてデコードします。

lishi-MIT8-Ignition-lock-decode-7

位置7は番号2のキーカットとしてデコードします。

lishi-MIT8-Ignition-lock-decode-8

位置8は番号3のキーカットとしてデコードします。

lishiロックピックツール