Lishi HON66を使ってロックをピックとデコード

4トラックキーとして、4列のウェーハを処理する必要があります。左上の行、右上の行、左下の行、右下の行があります。

キーは、左上と右下側が同一に切断され、右上と左下側が同一に切断されるため、キーを上方向に入力できます。

 

このロックの最適なピッキングシーケンスは次のとおりです。

–右上のA軸

–左上の行A軸

–右下の行の軸B

–左下の行の軸A

まず、A軸上のすべての結合ウェーハを上下にピッキングする必要があります。

Lishi Hon66 Lock Pick Decode 1

この場合、上段の3ポジションにわずかな動きが感じられ、他に拘束力はありませんでした。 A軸の上下の列ですべての結合ウェーハをピッキングします。

 

次に、軸Bの上下の列でバインディングウェーハを選択する必要があります。

Lishi Hon66 Lock Pick Decode 2

ポジション2が下げられます。

Lishi Hon66 Lock Pick Decode 3

ポジション4が下げられます。

Lishi Hon66 Lock Pick Decode 4

位置5の上部ロックが回転します。

 

B軸の行の位置5がピックされると、ロックが45度回転します。 ロックはまだ開いていません。多くの人は、このロックをピックするときに開いていると混同しますが、そうではありません。A軸の行にはまだ結合ウェーハがあります。

 

ここで、A軸の行で結合ウェーハをピックする必要があります。

Lishi Hon66 Lock Pick Decode 5

ポジション2は最終行にあります。

Lishi Hon66 Lock Pick Decode 6

上の列の位置3とロックが完全に開きます。

 

これでロックが開かれ、デコードできます。ロックをデコードするには、テンションハンドルを介してロックをこの完全に開いた位置に保持し、ロックをピックしたのと同じ方向にデコードする必要があります。

 

この例は、上記と同じロックについて以下に示されています。

Lishi Hon66 Lock Pick Decode 7

ポジション2は、5番カットとして読み取ります。バインディングウェーハをピックした方向と同じ方向に持っていた各位置をデコードし、InstaCodeに入力して、この欠落したエンドカットを確認します。

このロックをロックしようとすると、ロックが完全にロック位置にリセットされず、パーツが45度の位置のみに設定されるため、多くの錠前屋が混乱したりします。 以前、錠前屋はリセットするためにロックを取り外して取り外す。それは非常に時間がかかります。

 

本物のLishi HON66 2 in 1ツールはこれを簡素化し、再ロックの時間とエネルギーを節約します。必要なのは、ロック方向に締め付けて、接着されたウェーハをA軸上でピックアップすることだけです。通常、最後のものがピックされ、ロックは完全にリセットされてロックされます。

Lishi Hon66 Lock Pick Decode 8

下段の位置2。

Lishi Hon66 Lock Pick Decode 9

上の行の位置3。

 

ロックは、デコードするために完全に開いた位置にあり、そこに保持されている必要があります。 エンド2の位置は常に同じであるため、このロックでは各軸の最初の4つの位置のみをデコードすることに注意してください。これが変更された場合、InstaCodeを使用して確認します。

 

Lishiロックピックツール

lishi.jp