Lishi NSN11を使ってロックピックおよびデコード

NSN11ロックはNSN14と同じプロセス(こちらのNSN14ガイドを参照)であり、簡単なピックとデコードです。キーは8カットキーで、Lishi 2 in 1ツールには8つの位置があります。 キーには8つのスペースと4つのキーカット高さがあります。

 

Lishi NSN11ツールはシングルリフター設計であるにもかかわらず、ほとんどのシングルライフルツールのように逆方向にデコードすることはありませんが、これはロックインと同じ方向にデコードするツールの1つです。

 

このツールは、中程度の張力を優先し、設定された順序に従いません。ピッキングは、各バインディングウェーハを見つけて、任意の動きだけでウェーハを残す簡単なプロセスです。

 

NSN11ロックのピッキング:

lishi-NSN11-lock-pick-1

ツールを挿入し、中程度の張力をかけます。

lishi-NSN11-lock-pick-2

位置6は最初にバインドしてピックします。

lishi-NSN11-lock-pick-3

位置8が次にバインドしてピックします。

lishi-NSN11-lock-pick-4

位置1が次にバインドしてピックします。

lishi-NSN11-lock-pick-5

位置3が次にバインドしてピックします。

lishi-NSN11-lock-pick-6

位置7が次にバインドしてピックします。

lishi-NSN11-lock-pick-7

位置2が次にバインドしてピックします。

lishi-NSN11-lock-pick-8

位置4が次にバインドしてピックします。

lishi-NSN11-lock-pick-9

位置2は、ロックをバインドしてピックします。デコードするには、ロックをピックしたオープン位置に保持します。

 

NSN11ロックのデコード:

ピックされたオープン位置でロックを保持しながら、弓から先端まで(1〜8ポジション)デコードし、ロックをピックしたのと同じ方向にデコード読み取りを行います。

lishi-NSN11-lock-decode-1

位置1はナンバー3のカットとして読み取られます。

lishi-NSN11-lock-decode-2

位置2はナンバー2のカットとして読み取られます。

lishi-NSN11-lock-decode-3

位置3はナンバー1のカットとして読み取られます。

lishi-NSN11-lock-decode-4

位置4はナンバー2のカットとして読み取られます。

lishi-NSN11-lock-decode-5

位置5はナンバー4のカットとして読み取られます。

lishi-NSN11-lock-decode-6

位置6はナンバー3のカットとして読み取られます。

lishi-NSN11-lock-decode-7

位置7はナンバー3のカットとして読み取られます。

lishi-NSN11-lock-decode-8

位置8はナンバー1のカットとして読み取られます。

そのため、キーは弓から先端まで「32124331」と表示されます。

 

lishi.jp